スポンサードリンク

ガン治療における副作用軽減効果

一般のガンの治療では、ガンで病状が悪化するよりも、副作用によって体力や気力まで失われてしまいます。
メシマコブを利用すると、抗がん剤を利用していたとしても、副作用を軽減し、その人の持っている自然治癒力を高めるのです。
殆どの患者さんは抗がん剤を利用すると同時に、激しい嘔吐や発熱、食欲が無くなるなどの強い副作用に悩まされる事になります。
しかし、メシマコブを同時に利用すると、食欲が増し健常者と変わらない生活ができるようになります。
抗がん剤は血液のガンには効果的な事もありますから、それ自体が悪者とは言い切れません。
しかし、進行ガンの場合には、病気を治す為の体力を減らすだけになってしまうケースも多いのです。
末期がんだからといって仕方が無いから抗がん剤を投与するという考え方は、考え直す必要があるでしょう。
逆に体力を失い、食事も喉を通らなくなって、最後には強い痛みに耐えるために、モルヒネで意識がもうろうとしている状態になってしまうのです。ガンが怖いというイメージがあるのは、抗がん剤の副作用を見たことがあるからでしょう。
たとえ抗がん剤を投与しても効果が無く、生命が助かる可能性が無い場合でも、安易に利用されている現実があるのです。
抗がん剤によって命を終わらせるより、メシマコブを利用し、人と話す事ができたり、食事を摂ることができることを味わっていた方が良いでしょう。
メシマコブは生命の活力を湧き上がらせ、生きる為の力を得る事が出来るのです。
抗がん剤を利用したとしても、メシマコブの力で副作用が軽減し、更に抗がん剤の力でガンが無くなる他に良いことはありません。

あなたが「どうにかしてこのガンから回復したい」「ガンの恐怖から解放されたい」 と悩んでいらっしゃるのでしたら、年間50回以上の講演・合宿を行い、 末期ガン患者をも救い続けている"ガン食事療法の第一人者"の 「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」をご覧ください。

ガンに効果的な食事法マニュアル


どんな方法でも癌が治らない方は、 ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを網羅した改善法があります。
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法をご覧ください。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)



このページのTOPへ戻る


footline