スポンサードリンク

メシマコブは末期ガン患者に著効

ガン患者の中には代替医療を利用する人もいます。
メシマコブも医薬品として登録されてはいないものの、その効果の高さは確かに証明されているのです。
ガンの治療といえば抗がん剤や放射線の治療がメインとして利用されていますが、医療の発展があるにも関わらず、ガンによる死亡率は増加しているのです。
ガンの治療の死亡率の高さには、副作用の原因があるのです。
ガンにより死亡しているのではなく、治療による副作用によって死亡しているともいえます。
近年ではそうした背景から、抗がん剤だけでなく、免疫療法にも注目が集まっています。
抗がん剤が悪いという事ではなく、抗がん剤による副作用が問題なのです。
末期がんともなると抗がん剤の量も多く、副作用の大きさも耐えられるものではありません。
治療を行う前に、その人の体力や気力、免疫力がなければ治療を行っても意味が無いでしょう。
現代では免疫力を高めながら治療を行う事に注目が起こり、代替療法によって末期がんを治療するという考え方が広がってきています。
今までの臨床結果によっても、末期がんの患者にメシマコブを利用して著効をあらわしています。
余命数ヶ月と言われている患者に対し、メシマコブを投与したところ、わずか3ヶ月で腫瘍の影がすっかり薄くなっていたという症例があります。
医師が見ても信じられないと思うほどの回復ぶりで、末期がんの患者達には抗がん剤とメシマコブを同時に利用していたのです。
メシマコブが免疫機能を高め、その人の持つ病気を治す力を利用し、抗がん剤の作用をより高めたのだという結果になります。

あなたが「どうにかしてこのガンから回復したい」「ガンの恐怖から解放されたい」 と悩んでいらっしゃるのでしたら、年間50回以上の講演・合宿を行い、 末期ガン患者をも救い続けている"ガン食事療法の第一人者"の 「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」をご覧ください。

ガンに効果的な食事法マニュアル


どんな方法でも癌が治らない方は、 ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを網羅した改善法があります。
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法をご覧ください。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)



このページのTOPへ戻る


footline