スポンサードリンク

メシマコブが製剤化されなかった理由

メシマコブの抗癌作用の高さはマウスの実験や、実際にがん患者を利用した臨床試験からも証明されていることです。
しかし、メシマコブは薬剤として製剤化されることはありませんでした。
メシマコブを利用すれば、初期の頃ならガンを縮小させる効果があったと言われています。
また、末期がんの患者でガンが縮小しない状態であっても、食欲が上がり痛みや体重の減少、睡眠の妨害などを極力抑えることができ、患者の負担を減らす効果が証明されています。
ガンが治る事が無くても、普通の人と同じように暮らす事ができ、ガンとうまく共存できるという事になります。
延命が難しいと言われれるがん患者でも、延命率を高める事に成功しています。
メシマコブはこれほどにまで抗癌作用が確認されているにも関わらず、その数が非常に少ない事から製剤化はされていません。
また、メシマコブは培養する事が難しく、大量に薬剤として利用する事ができません。
桑の木という限られた場所にしか自生していませんから、数が少なく、見つけるのも大変な幻のキノコなのです。
また、メシマコブが製剤化されなかったのは、他にも理由があります
厚生省が漢方薬として許可する為には、その成分が混じりけが無い事と、その成分が特定の病状に効果があると証明されなければならないのです。
メシマコブは人工的な成分でもありませんし、天然の成分ですから、純粋な一つの成分だけがガンに効果があるとは言い切れないのです。
天然の成分には複数の成分が交じり合って初めて効果を発揮するタイプもあるのです。

あなたが「どうにかしてこのガンから回復したい」「ガンの恐怖から解放されたい」 と悩んでいらっしゃるのでしたら、年間50回以上の講演・合宿を行い、 末期ガン患者をも救い続けている"ガン食事療法の第一人者"の 「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」をご覧ください。

ガンに効果的な食事法マニュアル


どんな方法でも癌が治らない方は、 ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを網羅した改善法があります。
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法をご覧ください。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)



このページのTOPへ戻る


footline