スポンサードリンク

抗がん剤の効果を高め、副作用を軽減

がんの治療には抗がん剤が利用される事が多いのです。
しかし、抗がん剤には強い副作用があるため、ガンを治す力のある患者でも体力を失い死亡してしまうケースも多いのです。
ガンで死亡するのではなく、抗がん剤の副作用によって死亡してしまうとも言えることがあるのです。
抗がん剤にはなぜ強い副作用があるのでしょうか。
現在利用している抗がん剤には2種類あります。
1つはキノコのような天然成分から抽出した抗がん剤で、免疫力を高めてガンを治療する方法です。
2つ目は科学的に作られた抗がん剤です。
これには強い副作用があり、ガンをたたく作用が強い代わりに、副作用も強く出てしまうデメリットがあります。
元々抗がん剤として作られた薬剤のルーツは、毒ガスの原料として知られる成分が元となっています。
合成して作られる抗がん剤はこうした毒物から作られており、ガンを死滅する作用が強い代わりに、健康な細胞まで傷つけてしまうのです。
特に影響が強いのは、増殖性の高い細胞で、皮膚や腸の粘膜、骨髄などが影響を受けてしまうのです。
その為、強い吐き気、脱毛、食欲不振、白血球の減少が見られてしまいます。
抗がん剤はガンを治療するために必要なものですが、副作用が強く怖い薬剤でもあるのです。
しかし、メシマコブでの治療には抗がん剤の副作用を軽減させる力があります。
抗がん剤だけを利用する場合より、メシマコブを併用した方が副作用が少なく、更にガンを死滅させる効果も高めるのです。
抗がん剤の治療のみの場合では60日後の生存率は20%であったのに対し、メシマコブを併用した場合では90%まで上昇したのです。
メシマコブが免疫力を高め、生命を脅かす抗がん剤の服用を軽減し、体の治癒力を高めて抗がん剤の作用を強めた結果です。

あなたが「どうにかしてこのガンから回復したい」「ガンの恐怖から解放されたい」 と悩んでいらっしゃるのでしたら、年間50回以上の講演・合宿を行い、 末期ガン患者をも救い続けている"ガン食事療法の第一人者"の 「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」をご覧ください。

ガンに効果的な食事法マニュアル


どんな方法でも癌が治らない方は、 ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを網羅した改善法があります。
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法をご覧ください。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)



このページのTOPへ戻る


footline