スポンサードリンク

リンパ球形成能力と抗体反応を増強させる

1992年に鄭先生がメシマコブの研究を行い、リンパ球形成能力と抗体反応を増強させる事を発見しました。
リンパ球形成能力に関しては、メシマコブを投与した事により、3.3倍も増強しました。
抗体反応については、129倍という驚くべき数値を出したのです。
リンパ球とは、T細胞とB細胞、NK細胞をまとめて言う事があります。
これらの免疫に関する部分をリンパ球と呼び、がん細胞を死滅させる能力があります。
抗体反応は、体の異物に対する抗体の能力で、B細胞から抗体を作り出す働きのことを言います。
マクロファージがガンなどの異常細胞を食べると、ヘルパーT細胞が活性化し、B細胞が増殖します。
増殖したB細胞は、マクロファージが食べたガンに対し、抗体を作り出します。
このように体で作られた抗体は、がん細胞と結びつき、的確にがん細胞を攻撃しやすくします。
メシマコブが抗癌作用に優れているのは、この抗体を作り出す働きが活性化されるためだといわれています。
この2つの作用は、ガンに対する免疫機能を高め、ガンを攻撃する為の作用を強める事になるのです。
その外、メシマコブはB細胞やマクロファージの活性が増強、腹腔内のリンパ球の増大を誘導し、ガンを死滅させる働きが高まるのです。
また、ガンを移植する前にメシマコブを投与する事により、ガンへの予防効果が高まる事も研究により証明されています。

あなたが「どうにかしてこのガンから回復したい」「ガンの恐怖から解放されたい」 と悩んでいらっしゃるのでしたら、年間50回以上の講演・合宿を行い、 末期ガン患者をも救い続けている"ガン食事療法の第一人者"の 「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」をご覧ください。

ガンに効果的な食事法マニュアル


どんな方法でも癌が治らない方は、 ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを網羅した改善法があります。
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法をご覧ください。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)



このページのTOPへ戻る


footline