スポンサードリンク

手術なしで自覚症状が消え、ガンも小さくなった

代替医療に手を出す人たちの多くは、「もう助からない」と言われ現代医療に見放されてしまったのです。
メシマコブを利用して末期ガンの自覚症状を無くし、最後にはガンを小さくした例を紹介しましょう。
盲腸ガンの男性は手術により盲腸を切除しようとしたところ、もう手遅れだったため一部を切除したのみで手術を終えてしまったそうです。
既に手術による治療方法も、抗がん剤での治療方法も不可能な状態だったのです。
そこで男性が行った治療は、メシマコブによるものでした。
最初の3ヶ月は通常より投与量が多かったものの、その後は普通に投与を続けていました。
メシマコブの投与が始まったと同時に、腫瘍マーカーのラインが下がり、外見上からも変化が感じられました。
盲腸がんの場合では腹水がたまりますが、メシマコブを利用した場合にはほとんどたまることがありませんでした。
また、見た目的にも3ヶ月ほどで改善し、1年後には腫瘍が小さくなり元気に過ごされているそうです。
メシマコブを利用した臨床結果では、末期がんの40%にも及ぶ人に効果が表れ、初期の頃では更に効果が高まります。
また、メシマコブを利用した患者さんには再発が殆ど無く、現代医療を一切使わない状態でも、元気に過ごされている方が多いのです。

あなたが「どうにかしてこのガンから回復したい」「ガンの恐怖から解放されたい」 と悩んでいらっしゃるのでしたら、年間50回以上の講演・合宿を行い、 末期ガン患者をも救い続けている"ガン食事療法の第一人者"の 「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」をご覧ください。

ガンに効果的な食事法マニュアル


どんな方法でも癌が治らない方は、 ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを網羅した改善法があります。
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法をご覧ください。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)



このページのTOPへ戻る


footline