スポンサードリンク

メシマコブとは

メシマコブで余命何ヶ月と宣言されている人が、ガンを克服したという話を聞いた事がありますか?
メシマコブは脅威の抗癌効果を示すものです。
メシマは長崎県の女島を表しているもので、幻のキノコとも言われています。
キコブタケの仲間に属する多年草のキノコです。
名前の由来は長崎県女島に豊富に自生していた事から付けられたと言われています。
コブは木に出来たコブ状の事を表しています。
メシマコブは日本の他、フィリピン、オーストラリア、北アメリカにも自生していると言われています。
メシマコブが幻のキノコと呼ばれる由縁は、栽培も培養も難しく、自然に生えているものしか利用できないからです。
成長したメシマコブの表面は黒い色をしており、内側に黄色や茶色の独特の剛毛が生えています。
外見上では漢方の「桑黄」が良く似ていますが、最近医学的に検査した結果遺伝子も全く違う植物だという事が分かりました。
メシマコブは桑の木に自生します。
桑の木は蚕を育てる為に利用する木として知られています。
メシマコブが自生してしまうと、その生命力の強さによって、木が枯れてしまうほどです。
その為、蚕の生産者はメシマコブが生えてしまうと直ぐに取ってしまうのですから、その数は減り幻のキノコとも呼ばれるようになったのです。
以前は豊富にあった女島のメシマコブも数を減らし、天然の状態で探し出すのは至難の技とも言えます。
また、メシマコブは栽培が難しく、利用できるまで育てるには、20年以上の年月がかかってしまいます。
菌を取り出し培養をする段階から非常に難しく、天然のメシマコブは絶滅に等しいほどの数にまで減ってしまいました。

あなたが「どうにかしてこのガンから回復したい」「ガンの恐怖から解放されたい」 と悩んでいらっしゃるのでしたら、年間50回以上の講演・合宿を行い、 末期ガン患者をも救い続けている"ガン食事療法の第一人者"の 「ガン細胞がどんどん減っていく食事療法」をご覧ください。

ガンに効果的な食事法マニュアル


どんな方法でも癌が治らない方は、 ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを網羅した改善法があります。
納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法をご覧ください。

井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)



このページのTOPへ戻る


footline